☆アンケートを通じて利用者本位の支援へ☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セレクトパートナーズ富士(就労移行支援事業所)では、富士市や周辺の地域にお住いの方で、働く事に障がいのある方にむけて就職の支援を行っています。

どのような支援も、支援者の一方的な考えや想いの押し付けでは、自己満足で終わってしまい、利用者にとって満足のいくサービス提供にはつながらないと考えております。

私たちは、2か月に1度、ご利用者様に満足度のアンケートを記入して頂いております。

アンケートでは、事業所が行う支援に対して「とても良い」から「悪い」まで、5段階で評価をして頂き、普段直接言いづらいことなどもこのような機会を使って声に出して頂いております。

良い意見もあれば、中には悪い意見もあります。

ただ、ご利用者様が求めるサービスの提供や、就労移行支援事業所としての成長を考えるのであれば、
良い意見だけでなく、悪い意見とも向き合って改善していく必要があると思います。

例えば、前回のアンケートでは「パソコンの裏のホコリが気になります」や、
今回のアンケートでは「もう少し支援員の方に病気や障がいの理解を深めてほしい」などのご意見を頂きました。

ただご利用者様からの声を聞くだけでなく、必ずアンケート集計後にはミーティングを開き、
パソコン裏の掃除の注意や、内部研修による病気や障がいの理解など、改善に向けての取り組みも行っております。

すべての方から良い評価だけを頂くという事は、難しいことなのかもしれませんが、
これからもご利用者様と向き合い、支援者としても事業所としても成長し続けていきたいと思います☆

~「セレクトパートナーズに出会えて良かった」というご意見が増えるように日々努めてまいります~

関連記事一覧

PAGE TOP