☆医師との連携も大切に☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セレクトパートナーズ富士(就労移行支援事業所)では、富士市や周辺の地域にお住いの方で、働く事に障がいのある方にむけて就職の支援を行っています。

ご利用者様が抱えている障がいは、「身体」「知的」「精神」と分けられていたとしても、そこにつながるご病気の種類や本人様の状態によって大きく異なります。

例えば、精神障害の中で「統合失調症」と診断されている方でも、食事をしっかりと摂取し、適度に体を動かし、睡眠時間がある程度確保できている方と、家からほとんど出る機会がなく、飲酒や喫煙をし、他者との関わりも少ない方とでは、同じ病名だとしても見られる症状が全く違う方もいらっしゃいます。

生活習慣が状態に影響を与えることは大きく、そこに個々の性格なども合わさってきたら、状態の改善に向けての取り組みも、一言で答えを出すことが難しいところもあると思います。

私たち、就労移行支援事業所は、あくまでも就職に向けた支援を行う場所である為、病院のように薬を処方したり治療を行うことはできません。
しかし、お一人お一人のご利用者様と向き合い、それぞれが抱えている状態や環境を理解することは必要であると考えています。

ご利用者様の中には、ご自身の状態をよく理解できず、通院の際に上手く担当の先生にお話することができない方もいらっしゃいます。担当の先生達は、受診時の本人様の言葉を頼りに状態を確認しています。それが、あいまいなものであれば、本人様が「辛い思い」や「体調の不良」を抱えていたとしても、先生に異変を感じてもらうことができないこともありえます。

私たちは、本人様と日々向き合い、状態を確認していくと同時に、必要に応じて本人様の状態を書面にまとめ、医師との診断時にお渡しして頂くようにしています。

薬の処方や治療はできなかったとしても、医師と連携をとり、本人様の明るい生活に向けて、できる限りの支援を行っていきます☆

~地域には色々な社会資源が存在します♪ぜひお一人で悩まずに、まずは一歩相談してみてください~

関連記事一覧

PAGE TOP