☆自閉症に対する理解を深める為に☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セレクトパートナーズ富士(就労移行支援事業所)では、富士市や周辺の地域にお住いの方で、働く事に障がいのある方にむけて就職の支援を行っています。

国連は、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」として「自閉症」に対する理解や啓発に力を入れています☆

それに伴い、静岡では3月30日(土)にシズウェルで講演会が開催かれ、その場に私も出席してまいりました。

就労や社会参加をしていく上で必要なスキルとして、「人を頼ること」や「相談すること」などがあります。
これらのスキルは、持っていて当たり前と感じる方もいるかと思いますが、自閉症の方にとっては難しいと感じるスキルの一つでもあります。

今回の講演を通じて、支援者として、自閉症の方々がどのような事に対して苦手意識を持っているのかを理解し、それを共感し受け入れることで、その方が「苦手と向き合いながらも、楽しく就労や社会参加ができる」ように支援していく必要があることを改めて考えさせられました。

セレクトパートナーズ富士の職業訓練の中には、コミュニケーション能力向上にむけた訓練がございますが、その中で大切にしていることは、ご利用者様が「発言したり質問がしやすい環境」をつくることです。
自閉症の方でも、自らお気持ちを伝えることができるように、タイミングや時間などに気を配るよう心掛けています☆

仕事を続ける為には、本人様がスキルを備える必要もございますが、それと同時に働きやすい環境を整えることも必要であると考えています。私たちは支援者として、ご利用者様お一人お一人の特性を理解し、就職後には本人様や企業の方との相談体制を築くことで、その方が安心して働き続けられるように支援をしていきます☆

~仕事に対して不安を抱えている方がいれば、一人で悩まず、支援をつけて一緒に取り組んでみませんか♪~

関連記事一覧

PAGE TOP