☆職場で上手く付き合う為に☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セレクトパートナーズ富士(就労移行支援事業所)では、富士市や周辺の地域にお住いの方で、働く事に障がいのある方にむけて就職の支援を行っています。

本日は、JST(職場対人技能訓練)として「忙しくしている上司に話しかける」をテーマに、集団で訓練を行いました。

会社に勤めると、指導担当の先輩や上司の方々と関わる場面が必ず出てきます。
新人として勤めたばかりの頃は、「自分が今すべき作業は何か」「このまま作業を続けていて良いのか」「自分が行っている作業は間違っていないか」など、仕事内容や時間の使い方について、先輩や上司に色々と確認することも想定されます。

そのような中で、先輩や上司が必ずしも手が空いていたり、余裕がある訳ではございません。
ギリギリの人数で業務をこなされている職場については、先輩や上司も忙しくしている可能性があります。

よく新人の方がやってしまいがちな行動として、
「自分の作業に不安や心配があったが、何も言われなかったからそのまま続けていた」という事がございます。
この行動は、後々問題を招くケースがあるので、私たちはお勧めしておりません。

間違った作業を続けていた場合、その行動が無駄になり、あとから修正する手間が増え、
給料をもらっていながら、余計な仕事を増やしていたということも考えられます。
その時に、だいたい先輩や上司は「聞いてくれれば良かったのに」と答えることが多いです。

しかし、先輩や上司が忙しくしていたら、そうは言ってもなかなか聞きづらいですよね。

今回のJSTでは、そのような場面で「どのように声をかけたら良いか」、また「どのような流れで接すれば良いか」などについて、講義やロールプレイを通じて理解を深めて頂いております☆

~職場での対人関係に不安のある方は、ぜひ一度JSTの訓練を体験してみてください♪~

関連記事一覧

PAGE TOP