☆仕事の基盤は健康から☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セレクトパートナーズ富士(就労移行支援事業所)では、富士市や周辺の地域にお住いの方で、働く事に障がいのある方にむけて就職の支援を行っています。

色々な企業の経営者の方々と「障がい者雇用」について話をすると、「積極的に雇用を考えたいが、仕事を教えても休む日が多かったり、すぐに辞められては困る」といったお言葉がよく聞かれます。

それは当然の意見であり、新入社員に仕事を教えることはとても労力がいることで、休みが続いたり、すぐに退職されてしまえば、その苦労も水の泡になってしまいます。「健康で長く働いてくれる人材」を企業が求めるのは、当たり前のことです。

就労移行支援事業所には、「生活支援員」という者が配置されています。
セレクトパートナーズ富士を例にあげると、生活支援員は、ご利用者お一人お一人の体調や服薬状況などを細かく確認し、その方の状態が「仕事に耐えうる状態」であるかどうか見定めています。

ご利用者様の中には、「お酒」や「たばこ」のコントロールがうまくできず、
「お酒」では、昼夜問わず飲酒を行い、睡眠時間や起床時間に支障をきたし、日中活動ができなかったり、
「たばこ」では、一日に一箱以上を吸い、終日頭痛に悩んだり、咳が止まらず食事中にもむせて困っている方がいます。

そういった方に向けては、ご自身では調整ができない為、支援員が前日の飲酒や喫煙状況を確認し、
客観的にご自身の状態を見つめて頂く機会を作り、徐々に改善できるような取り組みを行っております☆

~「健康」な状態に向けて、お一人お一人に寄り添った支援を行っていきます~

関連記事一覧

PAGE TOP