☆関係づくりは自己紹介から☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セレクトパートナーズ富士(就労移行支援事業所)では、富士市や周辺の地域にお住いの方で、働く事に障がいのある方にむけて就職の支援を行っています。

本日は、集団訓練としてビジネスマナー講座を行い、その中でも「自己紹介」についてみんなで学習をいたしました☆

自己紹介は、様々な場面で「最初に行うコミュニケーション」になります。
そこには、言葉だけでなく、表情やしぐさ等の非言語的な部分も含まれております。

お互いに自己紹介をしてみて、「この人はいい人そうだな」「この人とだったら仲良くなれるかも」と感じたことがある方も、多いのではないでしょうか?

企業が行う求人の面接も同じです。
多くの会社が、「この人はどんな人なんだろう?うちの会社にあっているのかな?」等と考えながら、最初の質問として「自己紹介をお願いします」と投げかけます。

「自己紹介なんて簡単だよ」と感じる方もいるかもしれませんが、
自己紹介と言っても、「静岡太郎です。よろしくお願いいたします」と、ただ単に名前を言って終わりではありません。
一般的に、社会で初めて会った方と挨拶を交わす時にされる自己紹介であれば、これで十分かもしれませんが、企業との面接の場で行う自己紹介では、これまでの学歴や職歴、自己PRなども簡単にお伝えし、最後には面接の機会を与えてくださった事に対するお礼を述べたりもします。

これが正解というものはありませんが、「その方の印象は第一印象で決まる」と言われています。
最初の質問で相手に良い印象を残すことができれば、その後の面接もやりやすくなりますし、相手の方にも前向きに自分を見て頂くことができます☆

ご利用者様の中には、実際の面接の場で緊張してしまい、自分の伝えたい事を十分に言えなかったり表情が硬くなってしまう方も多い為、事業所では「本番に備えて練習の機会」を提供しております☆

~自己紹介は相手がいてできる事です♪不安がある方は、ぜひ相談にいらしてみてください♪~

関連記事一覧

PAGE TOP