必要な文書作成に向けて☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セレクトパートナーズ富士(就労移行支援事業所)では、富士市や周辺の地域にお住いの方で、働く事に障がいのある方にむけて就職の支援を行っています。

今回掲載している写真は、ビジネスマナー講座の一環として「FAX文書」を作成している様子になります☆

会社に勤めると、社内や社外に向けて様々な場面で書類を作成することがございます。書類を作る際には、その種類に応じた書き方を理解し、用いる言葉も場面に合ったものを選ぶ必要が出てきます。
セレクトパートナーズ富士の職業訓練としては、まずビジネスマナー講座の中で「文書作成」の理解を深めて頂き、次に、掲載している写真の通り、実際に様々な書類を作って頂いております。最初は手書きですが、実際に現場で作られる文書はパソコンによるデータがほとんどだと思いますので、この後、PC訓練もかねてパソコンのワードソフトを使って書類を作って頂きます。

仕事に就くと、「簡単な書類は作れてあたり前」「パソコンですぐに作れるでしょ」といったように、当然のように文書作成やパソコンの入力を求められます。しかし、それは誰にとって当然なのでしょうか?その基準は誰が作っているものなのでしょうか?
人には向き不向きがありますし、中には手先がとても器用で、頭の回転がとても速く、指示されたことを簡単にこなしてしまう方でも、文書を作ることが苦手であったり、パソコンの操作が苦手な方もいます。

「文書作成」や「パソコン操作」、就職した後では細かく優しく教えてくれる仕事場はほとんどありません。でも、「良いところ」をあまり評価されず、「苦手なところ」ばかり悪く評価されたら悔しいですよね。
ご利用者様には、就職したあとで職場の人たちに「良いところ」を多く見て頂けるよう、基本と思われる文書作成やPC操作をお伝えし、「苦手」であった方にも「少しわかるようになった」と思って頂けるようスタッフ一同努めております☆

~ビジネスマナー講座ってどんなものがあるの?興味のある方はいつでもお気軽にご連絡ください♪~

関連記事一覧

PAGE TOP